トライ式高等学院で引きこもりから抜け出せた

❶不登校からトライ式高等学院
❷トライ式には訪問型と通学型があり
❸今では大学のキャンパスライフを送っています

家庭教師比較ネット
トライ式高等学院

不登校からトライ式高等学院

自分はトライ式高等学院に通うまでは、引きこもりをしていました。 学校に馴染むことができずに不登校が続いていて、そのまま学校に行くことが怖くなってしまったのです。 元々学校に居場所がなくて、教室にいるだけでも嫌だったのですが最初の内はそれでも休みがちながら学校には行っていました。 しかし、そのうち次第に周囲の連中が自分のことを悪くいっているような気がして、周りの目が気になり学校に行くのが嫌になったのです。 実際、これは自意識過剰だったのではなく明らかに、クラスから浮いていることを話題にされていたのは間違い有りませんでしたから知らないところではどれだけ言われているのだろうと不安になったのです。 そして、それが積み重なったことによってついには学校に行くことが怖くなり完全に引きこもりの状態となってしまいました。 この段階になると、今度は世間が自分が引きこもりをしていることに対して、白い目で見ているのではないかという不安感を覚えるようになり外出をすることすら、ためらうようになっていたのです。 そのような状況ですから、当然高校進学も不可能な状態で毎日家にいるでもなく、引きこもっていました。 そして、中学校を卒業することになり周りは皆高校に進学しているというのに、自分は未だに引きこもりを続けていたのです。 ところがある時、トライ式高等学院の先生がやってきてレッスンを受けることになったのです 引きこもっていたことに対して、危機感を抱いていた親がトライ式高等学院に自分を入れることにしたのでした。


トップに